今更聞けない仮想通貨について

NO IMAGE

今更ながら仮想通貨っていったいどんなものなの?と疑問に思っている人も少なくないでしょう。簡単に言ってしまえば、紙幣がなく、管理している国もない、インターネット上でやり取りのできるお金のことです。

デジタルなデータとしてやり取りされるという点においては、電子マネーと近いものを想像する方もいるかもしれません。

ですが、仮想通貨の価格が常に変動するということを考えると、電子マネーとは全く別物であると言えます。数年前から仮想通貨は注目を集めてきましたが、その代表的なものと言えばビットコインでしょう。

もちろんそれ以外にも機能や役割が異なっている多くの通貨が存在します。それらは、通貨の世界における中央銀行は存在しません。

現在流通している通貨の多くは発行ものと政府、または中央銀行が価値を保証しているのに対し、仮想通貨にはその様なものはないのです。
国か金融機関の保証がないそれらの仮想通貨が多くの信頼を得て価値を認められている理由は、仮想通貨特有の分散管理の仕組みにあります。

一般的な金融システムと言えば中央集権的であり、大金は金庫にしまわれ、顧客の預金情報もセキュリティーがしっかりしたサーバーに収められています。可能性は低いですが保管場所やシステムが何らかの原因で破られた場合は、それらの資産を守ることはできません。

それに対し、仮想通貨の場合はそもそも現金が存在しないため、金庫を設置する必要もありません。売買取引の情報や、個人の通貨保有量なども、不特定多数の端末に分散して記録されています。

そのため、改ざんなどが行われた場合でも他端末における記録と照合することで、データの書き換えもすぐにわかってしまうようになっています。
なんとなく危険なイメージを持ってしまう仮想通貨ですが、実はそこには非常に高い信頼性があると言えます。

この分散管理を実現しているのは、いわゆる分散型台帳と呼ばれるものです。ブロックチェーンとも言われるこの技術は、仮想通貨の取引情報を暗号化し、さらにいくつかにまとめてブロック化をおこない、区割りのようにつなげていくことからこのような名前が付けられています。

近年では副業などにおいて、この仮想通貨で利益を出している方も少なくありません。手数料も安く、しかも銀行を通さずに送金もスムーズに行えるということもあり、口コミでも評判です。少額から投資を行うことができるということもあり、2021年もさらにその注目度は高まるでしょう。