【勧誘に注意しよう!】副業で仮想通貨で稼ぐポイント

NO IMAGE

仮想通貨は稼げるのか?

仮想通貨といえば発行元がない世界各国で共通で使え、海外送金をスムーズにしやすいことが特徴です。
また、価格の変動が大きいですが多くの種類があり、それぞれの特徴を確かめて選ぶ必要があります。中でもビットコインは仮想通貨の代名詞的存在で、ほかの種類はアルトコインと呼ばれていることが特徴です。

最近ではビットコインが史上最高値を更新し、一獲千金を狙う投資家が増えています。このため、チャートを参考に値動きを分析すると稼げるようになりますが、取引のタイミングがズレれば逆に大きい損失をするためリスクが高いです。
副業で仮想通貨を使うときは初期費用がないとできないため、ある程度の収入を確保してからする必要があります。しかし、パソコンやスマホで取引ができるため、スキマ時間ですると利益を得ることが可能です。

どのような詐欺があるのか?

副業といえばわざわざ職場に行かずに自分のペースで稼げますが、近年ではスマホの普及で詐欺が増えています。
詐欺はLINEなどのSNSを用いて行われやすく、不特定多数の人に送信する傾向が強いです。このため、「簡単な作業で誰でも多くのお金を稼げる」とアピールする「誰でも稼げる系」には要注意で、内容を読めば常識では考えられないため誘惑に負けないようにする必要があります。

また、有料の取引ツールやセミナー、情報商材、マイニングマシンを勧められることもあり、稼いだ金額で返せるとしきりにアピールすることが特徴です。しかし、相手をだます気であれば身元が判明することを恐れるため、会社概要で所在地や連絡先を明記せず返金に関する情報がなく怪しいと判断しやすくなります。

安心してできる方法を探そう

仮想通貨で稼ぐなら安心してできる副業を探し、トラブルや詐欺に巻き込まれないようにすることが大事です。
このため、自分自身で値動きを分析すると勉強になり、最適なタイミングで購入や売却をすると差額で利益を出せます。

しかし、出した利益は課税対象所得になり金額が多くなれば税率が上がりやすく、今後の生活に困らせないように金銭計画を立てることが重要です。

また、LINEなどのSNSで勧誘を受ければ消費者庁に相談し、初心者であればアドバイスを参考にすると良いかもしれません。このため、仮想通貨を使って稼ぐ方法は取引やマイニングなどがありますが、安全性を確かめて選ぶことが大事です。また、取引所は経営破綻をすると預けた資金が戻ってこない場合もあり、安定していることを確かめて選ばないといけません。