仮想通貨を使って不労所得を得る方法

NO IMAGE

ビットコインなどの仮想通貨を使って稼ぐ方法の一つが、所有している通貨を第三者に貸して利息を得るレンディングという方法です。

仮想通貨を誰かに貸すと聞くと、借りたい人を探すのが大変なのではないか、貸し借りによるトラブルが起きる可能性があるのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。
しかし、仮想通貨を貸す側が行うのは、取引所に預けておくだけです。

その先の、融資や返済などの手続きは取引所が行ってくれるので、預けた後は何もする必要がありません。レンディングによって利益が出れば、その分配金を受け取ることができるので、忙しくて副業をしている時間がないという人でもレンディングであれば気軽に取り組めます。

そんなレンディングで受け取ることができる利息は、貸したお金に対して5%程度です。
貸し出す金額によっては、副業程稼げないと感じてしまうこともあるでしょう。しかし、銀行に預けているよりもはるかに多くの利息を受け取ることができるため、効率良くお金を増やすことができます。

さらに、レンディングという方法であれば、詐欺の心配がないというメリットもあります。個人間で貸し借りを行う場合、詐欺師に騙されてしまい、預けたお金が一切返金されない状態となってしまう可能性がないとは言い切れません。
それに対し、取引所のように安心して利用できる業者を利用したレンディングであれば、詐欺の心配がなく、契約期間完了後はすぐに仮想通貨を返金して貰うことができます。

ただ、詐欺の心配がないといっても、取引所が倒産すれば預けた仮想通貨が返金されない可能性があります。
そんな不安を解消したい場合は、レンディングを始める前に口コミなどで業者の評判を確認しておくことがおすすめです。手間がかかることになっても、口コミをチェックしておくことで、安心して利用できる業者を見つけることができるようになるでしょう。

安心して仮想通貨を預ける業者が見つかれば、後は何もしなくても不労所得のような形でお金を稼ぐことができるようになります。
仮想通貨を購入してみたけれど、どうやって利益を生み出せば良いのか分からないと悩んでいる人もいるでしょう。

そんな場合は、トレードで利益を出そうとするのではなく、レンディングという方法を検討してみると良いでしょう。中長期の投資を考えている人も、ただ保有を続けるのではなく、レンディングという方法を活用することで、効率良く資産を増やしていくことができます。